ユニークキッズの学校選び

こんにちは。メルマガ発行人のmiwaママです。

今回は、ユニークキッズの学校選び(高校)についてお話してみたいと思います。

ユニークキッズに限らず、学校選びって迷いますよね。

ましてや、中学校時代に不登校をしていたりすると、
まずは、行けるのか?って事もあると思います。

そこで、たっくんの行った高校を教えてくれと、
遠くは関東からもご相談にお越しになられます。
(こちらは、福岡です。(๑′ᴗ‵๑))

たっくんの行った高校は、出来ない事を見る教育ではなく、
出来た事を積み重ねていこうという考えの学校です。

校長先生の、とことん子供を信じる姿勢も感服させられる所があります。

フリースクール等ではなく、
普通科の学校法人では、なかなか見られない高校だなと思っています。

なので、ご相談に見えられた方には、喜んでご紹介もしますし、
私の名前を出してご相談して頂いたり、一緒に相談に伺う事もあります。

でも、「良い学校」というのと、「我が子にとって良い学校」というのは、
若干違う事を理解した上で学校探しをするべきだと思います。

そこで、ユニークキッズの学校選びで最も大切だと思うものを
お伝えしたいと思います。

まずは、その子に取って高校三年間で最も必要だと思う事を
親がしっかり掴んでいることです。

ここで、注意が必要なのが、「その子にとって」です。
親が考える「高校生活で必要な事」は、
一般常識にとらわれた考え方になるので
子供のニーズと大きくズレてしまうのです。


私が、二人の正反対のユニークキッズの学校選びで最も重視した事は
「3年間通える事」です。
決して、「入れる所」ではないですよ、「通える所」です。


そして、その次に学校生活に求めるものは
次男と長男ではまるで違います。

長男たっくんが当時必要としていたものは「真の友情」です。
そして、部活や文化祭、体育祭などの
友達と楽しみ、作り上げる学園生活です。


友達なんて、どこに行ってもそれなりに...と考えるかもしれませんが、
特に不登校児受け入れます!的な学校では、
カラーが偏ってる事が多いのです。

うまく表現できないけど、
学校の中の同じ趣味の人間の中で、
内に内に向かっている雰囲気を作ってる学校というものは案外多いです。

きっと、居心地よくて、とても楽しいだろうけど、
そんな中で切磋琢磨して築きあげる真の友情や成長を得る事はなかなか難しいものです。


しかし、だからといって、そのような学校が悪いと言ってる訳ではありません。

たっくんのニーズに合わないというだけで、
コミニュケーションの第一歩として良い結果が出るお子様もいます。
(ちゃんと二歩目も用意しなければなりませんよ。)


学校選びは、
「良い学校」を探すのではなく、
「その子にとって良い学校」を探してください。

あまり良い噂を聞かない学校でも、行ってみるとピッタリって事もあるものです。
偏見や思い込みにとらわれず、柔軟な考え方で物事を見ていけば必ず見つかるはずです。

そして、
「その子にとって良い学校」を見つける為に
私たち親が、その子の"今"をしっかり見つめ
この子にとって一番必要なものは何なのか、見極めてください。

ここが、ぶれていたり、迷いがあると、子供にも大きく影響しますし、
せっかく見つけても行けない場合もあります。

まずは、じっくり柔らか頭で考えて我が子を観察してみる事から始めて見るといいかもしれませんね〜



miwaママのブログでも進路についてのお話しを書いてます。
よかったらそうぞ♪

「失敗だらけの発達障害児 子育てブログ〜」
http://ameblo.jp/pdd-ld/
UEP SHOP
UEP SHOP
魔法の定規専門店
魔法の定規専門店

UNIQUE CLUB
UNIQUE CLUB

Twitter