怖がらないで


こんにちは。メルマガ発行人のmiwaママです。

 

先日、このメルマガを通して知り合ったママさんと一緒に、

長男の通う高校の、名物校長先生の講演を聴きにいってきました。

 

今回の講演は、高校の保護者向けという事で、校長先生もリラックスしていらっしゃって、

内輪ネタなお話しを色々お聴きしました。(笑)

 

そして、やはり、先生が心を砕いていらっしゃる事の一つに、

保護者の方々に対するケア。

 

先生のお話しのあちこちに、保護者の方々に対する「いいんだよ」という心遣いを感じられました。

 

私自身、苦しむお母さん方のご相談にのらせて頂いていて、

お母様方のお子様への深い愛をひしひしと感じます。

 

そして、その愛ゆえに、必死になってしまう。

必死になればなるほど 思うようにいかず、苦しんでしまう。

 

もうね、お母さん、万歳ですよね。

 

その愛、子ども達に届けましょう!

 

だから、だからこそね、

怖がらないで、お母さん。

 

これを許したら、調子に乗ってつけあがるんじゃないか?

厳しくしなかったら、また、学校にいかなくなるんじゃないか?

このままだと、お友達ができないんじゃないか?

 

お母さん達の怯えた声が、たくさんたくさん。

 

お母さん、あなたは本当に頑張ってるよ。

そして、全力で心配してるんだよね。

 

本当に、素敵な素敵なママ達です。

 

愛してるから、心配だから、ついつい、先回り先回りして心配しちゃうけど、

ただ...その愛、子ども達には届きにくいのです。

 

まだ、起こってもない事を先回りして心配すればする程

子どもにしてみれば、「信じられてない」、「今の自分を認めていない」というふうになってしまい、

自尊心がなかなか育ちにくい事に...。

 

私たち、こんなに愛してるのにね

 (^_^;A

 

命に関わる事ではない限り、

そうなったら、そうなった時に、全力で対応すればいいのではないでしょうか。

 

つけあがりだと感じたら、感じたその時に、ママはそんなつもりで、あの時そうしたんじゃないよって、真剣にお話しして下さい。

学校に全然行かなくなったら、どうした?何かあったのか心配してるよって素直な気持ちを伝えよう。

お友達ができない事を苦しんでるようだったら、学校以外の場所で作る事を一緒に考えていってもいいのです。

 

決して放っておく訳ではありません。

食い入るように見つめながら(笑)、見守っていく愛もあるのです。

 

そして、困っている時、苦しんでいる時、

そっと手を差し伸べて導いてやる事もできるのです。

 

うちには、一切のルールがありません。

門限もありません。

お手伝いも決まっていません。

テレビの時間も決まっていません。

朝起きる時間も、夜寝る時間も決まっていません。

宿題の時間どころか、宿題をするべきだというルールもありません。

 

「◯◯しなさい!」と言う事も、基本的にはありません。

まずは、自分の頭で考え、行動してみるのです。

 

その上で、その時々の、私からのアドバイスや、話し合いがあるくらいです。

 

それは違う!それは酷い!と思ったら、ただ、その都度、全力で子どもにぶつかり、導いていくだけなのです。

その時、その時、何度でも。

 

愛があるからこそ、

いろんな不安は襲ってくるのは当たり前です。

 

でもね、怖がらないで!お母さん!

あなたのお子さんは、しっかりと感じ、考える事もできますから。

だって、その、素晴らしい、純粋で綺麗な心があるのだから。

 

だから...

それまでは、すこーし肩の力を抜いて、子どもを見守ってみませんか?

 

 

お母さんの大きな大きな見守る愛をいっぱい感じながら

たくさんたくさん失敗して、

たくさんたくさん体験して、

たくさんたくさん考えて、

たくさんたくさん話し合って、

たくさんたくさん乗り越えて、

たくさんたくさん自信をつけて

私たちの元を離れ、自分の足で歩き出すのかもしれません。

 

 

でも...もし、どうしても怖くなったら、

いつでも恐怖をぶちまけてください。

 

一緒に考えていきましょう

(*´∇`)ノ

 

 

 

 

 

「失敗だらけの発達障害児 子育てブログ〜」

http://ameblo.jp/pdd-ld/