天才

こんにちは。メルマガ発行人のmiwaママです。

 

私は、子どもはみんな天才だと思っている。

 

(私の思う「天才」については、UEPのホームページ、「ユニークキッズとは」を是非とも読んで頂きたいと思う。)

 

もちろん、子どもに限らず「天から与えられた才能」は、きっと、誰の中にもあるのだと思う。

 

私の場合、全く磨く事なく生きてきましたので、

何の活用もされる事なく今に至っていますが...。

 

ちなみに...

私が、天才を連呼すると、眉をしかめる人は多い。

多分、天才を語ると、「天才じゃない人」を暗に語っているようにも感じるのだろう。

逆差別のような感覚だろうか?

障害者はいいけど、天才は気分悪いって、なんじゃいな?って感じもするけど、

まあ、置いといて、常に人と比べるのが当たり前の日本ではしょうがない感覚なのかもしれない。

 

そんでもって、天才っていうと、

お勉強ができて、IQめちゃ高くて、産まれた瞬間にピアノをを弾く子をイメージする方も多いけど、

そんな天才もいれば、そうじゃない天才もいるのだ。

 

ただ、重要なのは、

天才じゃなくても生きていける人たちと

天才じゃないと生きていくのが辛い人っているのかもしれないって思うんです。

 

何故ならば、大きな天才ゆえに、他の能力が小さくなっていたり、

なかったり(必要じゃない)するとするならば、

その天才部分を最大限に活用して生きていかないと、

ただの「出来ない人」になってしまい自尊心を粉々にしながら生きていく事になるかもしれない。

 

そんな、勿体ない話はない。

 

しかし、今、天才なのに、天才として生きていく事をせず、

病んでしまった若者が非常に多い。

 

と、いうか、天才として生きていく前に、すでに自尊心が打ち砕かれて育っている若者が多いのだ。

 

これは、日本にとって大きな大きな損失だ。

 

 

特に「みんな一緒」が根強い日本では、

みんな一緒ができない子にとっては「出来ない」事が目立ち、自尊心は育ちにくい。

 

だからこそ、私たち親だけは、

彼らの持つ「天から与えられた大きな才能」を信じて

出来ない事にこだわらず、大きく育てていかなければならないのだ。

 

 

これまで世間では「才能」とは認められないような「才能」を生かして活躍している若者が増えてきている。

今は、自分で才能(得意)と思う事をアピールするステージはたくさんある。

 

持って生まれてものは、物理的に表現しにくいものであっても

「優しさ」であれ、「勇敢」であれ、

しっかりと追及して磨く事で、たくさんのものが生まれ、

様々な貢献ができるものだ。

 

視線をつねに先へ、視野を常に広く、その子の持つ才能に目を光らせ、

将来に役に立てる事を教え導きながら育てる事ができるのが本来の教育で学校ではないだろうか?

 

そうやって、天才を天才として育て、

社会の役に立てる子ども達がたくさん排出される事で、

私の大きな夢である「この国の教育に対する意識を変える」につながると思っている。

 

そして、何よりも、子ども達が自分の持っている物に大きな誇りをもって、

生きていく事ができるのだ。

 

 

だから、お母様、お父様、子ども達が持っている大きな大きな可能性と、

才能を信じて、誇り高く育てていって下さい。

 

「みんなと同じが出来ない」事こそが、

もう、「大きな大きな才能」がある事の証拠なんですから。

 

 

 

 

「失敗だらけの発達障害児 子育てブログ〜」

http://ameblo.jp/pdd-ld/

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥.........

みなさん、応援のメッセージありがとうございます。

 

また、私に心の苦しみを打ち明けてくださってありがとう。

 

まだ、お返事を返しきれてない方もいらっしゃると思いますが、

必ずお返事しますので、もう少し待って下さい!のろまなので〜

 

また、私の今後の活動に対するご意見、アドバイスなども、是非、是非よろしくお願いします。

 

 

ご意見ご感想は、このメールにご返信くださるか、

下記のアドレスまで。

info@uep-unique.com

 

======================================================================

 

Copyright(C) Unique Education Planning  All rights reserved.