2013年

10月

15日

不登校の落とし穴

こんにちは。メルマガ発行人のmiwaママです。

前回のメルマガ、「不登校は賛成ですか?反対ですか?」の続き、
「不登校の落とし穴?」について書きたいと思います。

前回は、不登校について、
子どもの個性に合わせて、導こうっていう話を書きました。

そして、その上で一番大切なのは、お母さんが心より理解し、
信念を持つ事が重要であり、それがないと、落とし穴にはまるかもって所まで、
お話しさせて頂きました。

で、その落とし穴って何ぞや?、

それは...

いざという時...

鼻水が出ないって事なんです!!!!


あ...今、何人かの方がメルマガ解除されました?
(;゚∀゚)

でもね、過去のご相談や、自分自身の経験からいって、
いざという時に親が涙どころか鼻水までも撒き散らかして
子どもに対して訴えるって、とっても大切なんです。

例えば、不登校のお子さんを学校以外の何処かに連れ出して、
学校以外の世界がある事を教えようとしても、
なかなか行けないって事あると思います。

子どもの為に、
少しずつでも導きたい。試行錯誤の日々...。

でも、なかなか動けない子...。
辛いですよね。よく分かります。

でも、
諦める訳にはいきません。絶対に。
私たちは親ですから。

そこで、
私たち親が、涙も鼻水も撒き散らかして
子どもに訴えれるかどうかで、子どもは大きく変わるんです。

と、いうと、殆どの方が、
「私だって泣いて訴えました」と、おっしゃいます。

で、聞いてみると
「ポロポロと、涙を流して訴えました。」タイプ。
内容を聞くと、大抵は、可哀想な我が子...って感じ。

あなたが、可哀想と思ってる限り、
子どもは可哀想な自分から抜け出せませんよ。


で、一番多いのが
涙と鼻水まき散らしたのはいいけれど、訴えた内容が
「ママがこんなに心配してるのに!」
「ママも精一杯頑張ってるのに!」
「何で、嫌なの?何が不満なの?」
「なんで分かってくれないの〜!」
タイプ。

これ、全部、自分の事しか見てませんから。
これでは、子どもはますます自分の事を責めるでしょうね...

本当の鼻水をまき散らす時(本当の鼻水って...
(-_-))
出て来る言葉は、子どもが中心にあるはずです。
自分の事なんかどうでも良いんです。

「あんたには、素晴らしい才能があるんだ!」と、
子どもの持つものを信じる言葉、
「誰が何と言おうと、
あなた自身が信じなくても、
私は、あなたが、どれだけ素晴らしいか知っている!」と、
子どもの出来るを見つめる言葉、
そして、
これがダメだったとしても、何度だって、見つけてきてやる!
どんな所にも一緒に行ってやる!
あんたの全てを知ってるママを信じろ!
と言う
頼もしく、安心できる親の言葉なのです。

その、涙と鼻水にまみれた
頼もしいお母さんの心の叫びを聞いた時、
子どもは、1人で背負わなきゃと思っていた物が、
実は、そうではない事に気付き、
次の1歩を踏出す勇気を得るのです。

何度でも、何度でも、
子どもが「自分にも、出来る何かがあるかも...」
と信じてくれるまで、
涙と鼻水にまみれて訴えて下さい。

どうぞ、恥も外聞もなく、裸の心で子どもにぶつかって下さい。
そして、子どもの持っているものを心から信じて導いて下さい。

私の関わった全ての子ども達が
お母さんの真実の鼻水しぶきを受けたとたん、歩き始めましたよ(笑)


バカですみません <(_ _)>
次回は、真面目に「兄弟(姉妹)逆転」について書きます...


miwaママのブログでも鼻水まきちらし事件をいろいろ書いてます。
よかったらそうぞ♪

「失敗だらけの発達障害児 子育てブログ〜」
http://ameblo.jp/pdd-ld/

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥.........
先日、盗まれたたっくんの自転車が、
盗まれた時より綺麗にリニューアルして返ってきました...

なんだか...ありがとうな気分のmiwaママです。
  (;´Д`)
UEP SHOP
UEP SHOP
魔法の定規専門店
魔法の定規専門店

UNIQUE CLUB
UNIQUE CLUB

Twitter