2013年

10月

10日

不登校は賛成ですか?反対ですか?

こんにちは。メルマガ発行人のmiwaママです。

今回は、不登校についてお話してみたいと思います。

このメルマガの読者様の中にもお子様が不登校経験者の方や、
ただ今、不登校真っ最中!というお子様をお持ちのママもいっぱいいると思います。

よく、
「不登校についてどう思いますか?」
なーんて感じの質問をされます。

抜けてるmiwaママの返事は、
「さー分かりません。 (≧∀≦)」
です。

相変わらず、アホですね〜。

でもね、
そんなの子どもによって全然違いますから。

不登校でも全然OKの子どもさんも居ますし、
絶対、何とか、学校に行った方がいいお子様も居ます。

うちのユニークキッズ達でいえば、
長男たっくんは、絶対学校に行った方が良いタイプで、
次男チュン君は、行かなくてもOKタイプ。

だから、一概に
「不登校でも全然OK!」とは言えないのです。

まあ、かといっても
行った方が良いお子様でも 
「行かない。」「行けない。」
というのが不登校ですから、
どうすりゃいいのよ〜!?ってことですよね。

そりゃそうです。

ただ、行けない理由はお子様によって全然違うので、
ここで、一言で「こうして下さい!」とは言えませんので、
その辺りは おいおいお話しできればと思っていますが...

でも、一つ 言えるんじゃないかなって思うのは、
不登校=「どこにも行かなくてもいい」ってことではないんです。

学校に行った方がいいタイプのお子様ならば、
学校に行く為の準備をしなければならならい。

そして、学校に行かなくてもOKタイプのお子様は
これからの人生の為に、
何かを得て行かなければならない。

その為に、必要な場所に出て行かなければならない。

要するに、学校以外の場所を見せてあげて、
視野を広げてあげる必要があるのです。

別に子ども向けの施設である必要はありません。

施設や教室じゃなくても、
野や山で行う何かでもいいのです。

中高生になれば、
子どもだけで参加可能なボランティアや、
大学教授の研究のお手伝いボランティアなんてのもあります。

とにかく、
学校だけが世界じゃない事。
先生が言う事だけが真実じゃない事。
お友達は、決して同級生じゃなくてもいいこと。
自由に工夫する事で、やりやすい方法がある事。
そして、
日本の常識=世界の常識ではない事。
しいては、
日本だけが生きる場所ではない事。

などなどを学校以外の世界で見せて、感じさせる事はとても重要なのです。

そうする事で、
学校に行くようになる子は本当に多いのです。

中には、たくさんの学校を見学に行っただけで
ものの見方が変わって
結局、元の学校に戻ったお子様も居ます。

ただし、
重要なポイントは、
ママが、心の底から、この事を理解、納得している事です。

そして、何よりも
我が子が持っているであろう才能や能力を信じ、
将来は、誰かの世話になるのではなく、
世の為、人の為にお役に立てる人間に育ててみせる!という
強い信念がないといけません。

そうじゃないと、
いろんな所にボロがでるものなんです。

なんとなくの子育てが、
いろんな所に出てくるんです。

特に、ユニークキッズの場合はね。
(≧∀≦)

もし、今、ガックリしてるママがいたら、
大丈夫ですよ〜。

子育てに「遅すぎた」はありませんから。

私のように、最悪の母親だった人間も
今、このように子ども達と共に
前を向いて歩いていますから。


次回は、どんな所にボロが出るのかをお話しできれば...と思います。


miwaママのブログでも不登校についてのお話しをいろいろ書いてます。
よかったらそうぞ♪

「失敗だらけの発達障害児 子育てブログ〜」
http://ameblo.jp/pdd-ld/

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥.........
最近、チュン君と山登りにハマってます。

今どきは、トレッキング♪なんておしゃれな言い方をするみたいですけど...

私たちの場合、そんなお洒落な雰囲気はかけらもありません。

どうして?って感じの大荷物を背負い、
ロッククライミング?って感じの場所をよじ登ります。

なぜ、そんな過酷な...?ですって?

もちろん、野生児チュン君のリクエストです。
(T-T)
UEP SHOP
UEP SHOP
魔法の定規専門店
魔法の定規専門店

UNIQUE CLUB
UNIQUE CLUB

Twitter